病院

【がん治療最前線】放射線治療・食事療法のガイドラインを把握してがんの増殖を抑える

食事のバランスを整える

看護師

毎日の食事は美味しく食べて栄養を補給することが理想ですが、摂食障害になりますと食事のコントロールがうまくできない状態にあるとして治療が必要です。 心療内科等を受診して、ふさわしい方法で病気を治していくのが大事です。

» 詳細を読む

がんに有効的な治療法

先生

がんの増殖を抑える効果

放射線治療はがん治療の1つとして、多くの病院で行われています。日本人の2人に1人ががんになる時代という状況で、放射線治療を選択する場合も少なくありません。放射線治療を行う目的は、がんの進行を抑えたり、がんそのものを小さくしてなくしていくことにあります。放射線ががん細胞の増殖を抑える効果があるため、これで状態を良くしていくことは十分可能です。実際に、放射線治療でがんの進行を食い止めたり、がんが小さくなったという成果はたくさん存在します。がんの状態やその部位によって医師から勧められたり、自分から放射線治療を検討していくこともできます。がんによっては初期または末期に行われることもあり、外科的手術の前後に行うことも一般的となってきました。

放射線治療を行う場合、体外から放射線を照射していく方法と、カプセルに入れられた放射線を飲むことで体内から効果を発揮する方法にわかれます。体外から放射線を照射する場合は、がんの正確な位置を確認してから行われます。そして、治療室へと入り放射線技師らによって安全に行われ、10〜15分程度で終わります。治療後は、十分な栄養摂取と静養が大切で、しばらくしてからがんの状態がどうなっているのかを確認していくことになります。放射線治療は、通常は複数回にわたって行われていきます。患者の体調やがんの状態によって慎重に行われますが、短い期間で繰り返し行うことはほとんどありません。十分な経過を見て安全に行われるため、極力負担を減らしていく配慮が優先されるのです。放射線治療は今後もがん治療の最前線として、的確な形での効果が期待されています。

詳しく知っておくこと

花

大腸がんの治療はガイドラインというものが設定されているので、きちんと知っておくと治療に関する知識が高まります。また手術が基本的な治療方法ですが、補助的に化学療法を用いたりメインになったりします。納得して受けることが大事です。

» 詳細を読む

骨量を多くするために

男性

骨粗鬆症は治療も大切になってきますが、この病気にならないための予防が最も重要になってきます。カルシウムがこの病気にはよいとされていますが、さまざまな栄養素をバランスよく体内に吸収することが最善の予防につながってきます。

» 詳細を読む

Copyright© 2016 【がん治療最前線】放射線治療・食事療法のガイドラインを把握してがんの増殖を抑える All Rights Reserved.