病院

【がん治療最前線】放射線治療・食事療法のガイドラインを把握してがんの増殖を抑える

食事のバランスを整える

看護師

食事は美味しく食べる

私たちの体の基盤をつくってくれる毎日の食事はとても大切であり、美味しいものを楽しく食べることで栄養の吸収がよくなります。 食生活の豊かな現代人が食べる内容は、大変美味なものが多く栄養価も高いとされます。嫌いな食べ物は誰でも口にしないのが普通ですが、自分の好物はつい食べ過ぎてしまうという傾向にあります。 栄養のある食べ物をまったく取らないのは考えものですが、逆に取りすぎになると体の方が心配されてきます。 食事はバランスよく取りながら健康維持を図るのが理想ですが、そういう風にならない場合もでてきます。 人の体は食べることによって生理的欲求が満たされるわけですが、摂食障害のように満たされない心の穴埋めをすることがあります。

病的な食生活

世の中には病的な食生活を送っている人がいると言われますが、そんな人たちが患っている病名が摂食障害と呼ばれ治療が必要です。 人は食べることによって欲求が満たされるところがありますから、ストレスなどを抱えていると食べて発散します。 その行為はけして健康的とは言えず、治療にとりかかる必要性があるわけです。 拒食障害になりますと、食事のコントロールができない状態で正常に栄養を補給することができません。摂食障害の症状はお腹がすいているわけでもないのにむさぼるように食べて、食べ過ぎたあとは自己嫌悪に陥るため食べたものを吐くことの繰り返しをします。 摂食障害は健康を害するだけでなく、自身の心を破壊することになるとして治療にとりかかりますがカウンセリング療法や投薬治療が行われます。症状が重い人は、入院が必要になるケースも珍しくありません。入院期間中は、3食を規則ただしく取れるようにトレーニングしていきます。

Copyright© 2016 【がん治療最前線】放射線治療・食事療法のガイドラインを把握してがんの増殖を抑える All Rights Reserved.