病院

【がん治療最前線】放射線治療・食事療法のガイドラインを把握してがんの増殖を抑える

詳しく知っておくこと

花

病気に詳しくなる

大腸がんの治療には患者本人がその病気に関して詳しく理解しておく事が大事になってきます。まずは標準的な治療がどのようなものなのか、詳しく知ることが重要です。大腸がん治療には、ガイドラインというものが作成されているので、それで治療の概要を知る事が出来ます。大腸がんというものがどういうもので治療をする際にどういった治療方法があるのか知る事が出来れば、事前にどのような準備をすれば良いのかなど、日々の生活に関してもきちんと組み立てていく事が可能となります。ガイドラインを確認する事で治療方法はいくつかある事がわかります。その中から最適と思われるものを納得して選んでいく事が重要です。医者も現在の方法がガイドラインと違う場合には、きちんと治療について説明していく必要があるので、お互いに納得して行なっていくというメリットがあります。

どう治すか調べる

大腸がんを治していくには患部を切除していく事が基本的な治療方法です。患部にガンがなくなれば生存率は一挙に高まるのですが、がん細胞は目に見えないものもあるので、体に残ってしまっている場合もゼロではありません。こういった場合は化学療法を行っていく事になります。大腸がんを手術によって、きちんと取り除けたとしても完全に治療をするためには化学療法を併用していく場合もあることに留意しましょう。こういった治療方法は副作用というリスクが伴ってくるので、慎重に選択していく必要があります。期間も術後の半年程度は治療を行う場合がありますが、非常に辛い治療になる場合もあるので、患者の選択に任される場合もあるのです。最近では食事療法というものもあるので、きちんと納得してから、治療方法を選ぶことが大事です。

Copyright© 2016 【がん治療最前線】放射線治療・食事療法のガイドラインを把握してがんの増殖を抑える All Rights Reserved.